株式会社アルケル

ブログ

トランスファー

2021.4.10  その他 



アルケル在宅鍼灸マッサージの永原です。


今年はご縁がありマッサージ師さんは4月から2名入社されました。


新しい環境はなにかと体力がいる事と思いますが、アルケルの働き方に少しづつ慣れていってもらいたいなと思います。




事務所での実技研修が始まりまして、私も同席し受けさせてもらいました。

仰臥位の患者様を端坐位の態勢にする基本的な移乗を学びました。


最初に椅子を患者様と見立ててイメージを掴む練習を行いました。



右手は患者様の肩を支えて起き上がらせる。左手は患者様の膝を支える。視点や重点の位置等…他にもありますが気を付けることはたくさんありました。



ある程度椅子を使用して練習しイメージを膨らませてから患者様役を見立てて実践しました。



指導を受け、たくさん気づくことがありました。


患者様の体格やこちら側の施術者の体格によってもリーチやアプローチが変わります。

私の場合は移乗の際、膝裏に手を入れて持ち上げて行うよりも右手の指を2本曲げて右膝わきから膝裏に差し入れて支える方がやりやすかったです。


また、患者様の生活環境によってもアプローチの仕方が変わってくるかと思います。

患者様、施術者両方とも負担がかからずに行うことも大事だなと思いました。



最初はぎこちなく、うわ~めっちゃしんどい思いさせてるな~と不安が強かったのですが、回数を重ねていくうちに少しづつ修正できてきたのかなと思います。

コツを掴むと嬉しくなります。感覚で身につけるイメージを感じましたので、復習は必要ですね。




回数をこなしていき、自分の体格に合ったりやりやすい移乗の仕方を研修期間に習得して頂きたいなと思いました。