株式会社アルケル

ブログ

マッサージの可能性

2020.9.14  その他 

アルケル在宅鍼灸マッサージの永原です。


私はおじいちゃんっ子なので、祖父の家に遊びにいくことが多いです。

遊びに行ったついでに米もらって帰ったりします。泥棒とやってることは変わりがない時もありますのでうっとうしいかもしれません。


コロナウイルスの関係もあり通所リハビリをしばらく休んでいるので祖父の筋力低下が心配です。
一日外出をすることは体力的にしんどくなってきました。


介護者が母になりますので、介護保険の制度を母に聞かれることが多くなりました。
再度自分の勉強にもなります。


訪問マッサージの治療は健康保険ですので、介護保険で受けられているサービスとは異なるため介護保険のサービスと併用して受けていただくことができます。

要介護度によって限度額が変わってきますので、介護保険の点数を使い切っていたり、または超えそうな方でもマッサージの訪問は可能です。



訪問リハビリと併用ができるので、日常生活の自立や心身の機能の回復・維持のためのリハビリテーションをカバーする役目をになえると考えております。








祖父は午前中とか出かけると午後は寝て休憩しないといけない状態です。
通所リハの合間に関節の可動域拡がったら体動かしやすくなるから絵も描きやすいし、この前お風呂で転倒してたから下肢の筋力アップしたら転倒のリスクも減るのにな~と考えています。




マッサージは主に筋緊張の緩和や血行促進、浮腫みの軽減が目的となりますがさらに関節可動域訓練や筋力トレーニング、機能訓練等患者さんの状態にあわせて対応させてもらいます。




祖父の身体の状態を例に挙げる訳ではないですが、訪問マッサージのいいところっていっぱいあるな~って感じます。



まだ本格的にマッサージ受けてみたらと話しはしていないのですが、興味が出てきた際に存分にアピールしてみようと考えています。