株式会社アルケル

ブログ

申請書

2021.5.17  その他 






アルケル在宅鍼灸マッサージの永原です。

先日、しばらくお休みされている患者様の申請書に押印と署名をもらいにご自宅に伺いました。



患者様は現在ご入院中でご家族様に代筆にてサインを頂いたのですが、コロナ渦ということもあり面会ができない状態とのことでした。



面会を制限することは感染予防のために必要な対策ではありますが、患者様や、本人さんが家族様と会えない寂しさを考えると心苦しく感じます。



そんな中でもコロナ大変やろけどあなたも頑張ってねとお声をかけていただけたことが嬉しかったです。



早く終息して会いたい人にいっぱい会いに行きたいな~





4月施術分の申請書より押印が不要となりました。


これは 代筆の場合は押印は必要ですが、 患者様自身直筆が可能でしたら押印はいらないというもので、患者様の負担を減らすことが目的であるとともに、昨今の様々な書類作業の簡略化に併せてなのかなと考えたりします。




実際ハンコを取り出す作業が少し大変な患者様にとってはサインのみは助かるというお声を聞いたりしているのでメリットはあるのかなと思います。
施術者側の押印も不要になりました。


事務員さんが社内通知として取り扱いをわかりやすく作ってくださり共有してくださいました。
いつも丁寧に業務を行ってくださりスタッフ一同感謝しております。



はんこ屋さんは今後どうなっていくのでしょうか…私は古い人間なので大事な書類にハンコがいらないという事にまだなじめないのですが、次第に慣れて普通になるのかなぁ。